· 

「母乳外来もっと早く受診しといたらよかったー」と電話した帰り道

私がりんご助産院を初めて受診したのは娘が生後2ヶ月の頃でした。

 

私は母乳育児がなかなか軌道に乗らず、授乳について悩みに悩んだ2ヶ月でした。

初めての出産・育児で全て初めての事ばかり、娘の成長が楽しみな反面、不安でいっぱいの毎日でした。

初めての育児の中でも一番頭を悩ませたのが授乳について。。。

 

授乳の仕方と、保護器・搾乳卒業を目指したくて、母乳外来受診を決めました。

 私の乳首の長さが短く、保護器をつけても上手飲ませてあげられず乳首に傷や血豆ができて、毎回の授乳が痛すぎて授乳時間が恐怖になってしまうほどに・・・。想像を以上に大変だった母乳育児、完全ミルクに変えようかなと何度も思いました。

私は、産後2週目健診の際、助産師さんにおっぱいは十分でているから乳腺炎にならないように搾乳してあげてみる方がいいねと指導をいただき、毎回、授乳+搾乳したものをあげるようにしていました。

母乳が出なくならないように痛いのを我慢して保護器をつけて授乳、そして足らずを搾乳したものをあげる毎日。

母乳がどれくらい出てるのかわからず、搾乳した分をどれぐらい足すべきかもわからず・・・授乳後には次の授乳時のための搾乳と1日中、搾乳・哺乳瓶の洗浄するのに必死でした。 

ネットで授乳の仕方を検索したり本を読んで見たりして色々試して見たりしても中々うまく行かず、余計に不安になったり、一番辛かったのが周りからの母乳足りてないんじゃないの?という声。足りてるか一番心配してるのは私だし!と思いながらも、いつまでこの生活が続くのかと憂鬱になってしまい、とにかく誰かに話しを聞いて欲しい!とすがる思いでりんご助産院に駆け込みました。

 

そして初めてりんご助産院を受診した日、りんご先生から「今まで頑張ってきたんだね」と声をかけていただいた時は泣いてしまいそうなぐらい嬉しかったです。授乳の仕方を丁寧にわかりやすく教えていただき、悩みを聞いてもらい、マッサージしてもらい、おっぱいはふわふわ♪体も心もスッキリ!!産後張り詰めていた緊張感がスーっと抜けたような気がしました。助産院の帰り道、嬉しくて母に「母乳外来もっと早く受診しといたらよかったー」っと電話したくらいです。

 

そして、あんなに痛かった授乳もその日から保護器も外す事ができ、娘も驚くくらい上手に飲んでくれるようになり母乳育児に自信を持つことができました。そしてなんと一週間後には搾乳も卒業する事ができました。搾乳する時間がなくなるだけで時間に余裕もでき、娘と遊ぶ時間もできた事が本当に嬉しかったです。

 

初めは母乳外来ってどんなところだろうって思っていましたが、おっぱいケアや授乳のアドバイスだけでなくママも赤ちゃんも笑顔になれるところだと思います。

母乳育児で悩んでいるママさん、ぜひりんご助産院の母乳外来を受診して見て下さい。

きっと体も心も楽になれますよ!

 

これから離乳食・卒乳と課題が沢山ありますが、これからの子育てが楽しみです。