· 

赤ちゃんと同じくらいお母さんの事も大事にしてくれる

私が初めてりんご助産院を訪れたのは娘の4ヶ月検診が過ぎた頃でした。

元々小さく産まれた娘は4ヶ月たっても体重が中々増えておらず、ミルクを足すよう指導されましたが、哺乳瓶は全く拒否、、それならばとスプーンであげてみても全然ダメ。。

どうしたらいいのか分からず困っていた時にインターネットで検索して電話をかけたのが始まりです。

 

初めて訪れた時には母乳育児に完全に自信をなくしていたので「とってもいいおっぱいだよ!」と言って頂いた時には涙が出るほど安心したのを覚えています。

 

それからは母乳の質をあげるために食生活を一から見直しました。

自分でも気をつけていたつもりでしたが足りなかった部分、そのままでいい部分、先生とお話ししながらできる範囲で変えていきました。

 

上の子の断乳の時にたまたま見かけたどこかの助産院の記事で「とにかく赤ちゃんを第一に、母親都合の断乳なんてもってのほか、子供主体の卒乳でないとダメ。」というのがあってずっと助産院は自分には向いていない場所なんじゃないかと思っていました。(私は自分で決めて断乳するタイプだったので…)ですが、りんご助産院は赤ちゃんと同じくらいお母さんの事も大事に考えてくれて色んな価値観を受け入れてくれる場所でした。

 

毎日の育児の中で困った事があれば、次の時に聞こうとメモをしておいて、それは母乳の事だけでなく、子供達の体調の事、2人育児の悩み等々、様々な疑問をぶつけては的確なアドバイスを頂き本当に助けられていました。

 

そんな娘も1歳を過ぎ無事に断乳も終わってゆっくり寝られて嬉しい反面もう先生にお会いできないのか〜と思うととっても寂しいです。

 

でもここで教わった事を糧にまずは私自身が楽しんで、元気に育児をしていきたいと思います(^^)

先生と一緒に飲める日楽しみにしています!笑